Monthly Archives: 8月 2016

le:osのパス

le:osのパス le:osのパスの作成を自動で作成した場合、 重なって作成されることがあります。 ループチェックとTコネクションを許可をチェックしている場合に 一見正常そうな、パスで緑色にならないバスは一度疑ってみては … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | le:osのパス はコメントを受け付けていません。

Li:os面の作成のコツ

Li:os面の作成のコツ Li:os面の作成で緑になかなかならないことがあります。 そんな時に、私がやっていることは「パスの制御点をずらしてみる。」です。 曲面部などでは曲率の関係でしょうか? パスの制御点を少しずらして … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | Li:os面の作成のコツ はコメントを受け付けていません。

ATOSでの薄物の測定

ATOSでの薄物の測定 ATOSでの薄物の測定で気をつけなければならないのは どうしても撓みや歪みが出てしまうので 置き方を工夫して撓みや歪みが出にくいように しなければならないです。 ただ置いただけでは撓みや歪みが取れ … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSでの薄物の測定 はコメントを受け付けていません。

ATOS投影断面

ATOS投影断面 ATOSInspection Ver8から断面の項目に 輪郭という断面形状を作成するコマンドが追加されました。 以前のVerで薄い測定物では外周を取ることはとても大変でした。 薄いのでどうしても撓みや歪 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS投影断面 はコメントを受け付けていません。

ATOS入力トリガ(Logitechレーザーポインタ)

ATOS入力トリガ(Logitechレーザーポインタ) ATOSで入力トリガとして使っているLogitechのレーザーポインタですが 何度か、床に落としてしまったのですが 落としていると電池の蓋が閉まらなくなつてしまいま … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS入力トリガ(Logitechレーザーポインタ) はコメントを受け付けていません。

Calypsoの退避領域について

Calypsoの退避領域について Calypsoの自動測定の退避領域の設定がよくわからなかった時、 測定物の裏側(測定者のいる側の反対)を回って退避していました。 どうも、退避場所としてZ方向に逃げてから移動して欲しかっ … Continue reading

Posted in 三次元測定機, 未分類 | Calypsoの退避領域について はコメントを受け付けていません。

ATOSケーブルの端子が緩む

ATOSケーブルの端子が緩む 昨日、ATOSを使用し終わって接続ケーブルを片付けていたら 電源の接続端子の保護カバーが外れた。 昨日は焦ってカシメなのかと思って力一杯差し込んでみたが うまくいかなかった。 今日、冷静にな … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSケーブルの端子が緩む はコメントを受け付けていません。

GOM correlateのパターンの塗布

GOM correlateのパターンの塗布 GOM correlateの測定方法でサーフェスコンポーネント、ファセットポイントコンポーネントがある。 サーフェスコンポーネント、ファセットポイントコンポーネントの測定にはパ … Continue reading

Posted in correlate | GOM correlateのパターンの塗布 はコメントを受け付けていません。

ネジの有効長

ネジの有効長 ネジの有効長を測定するのはなかなか手間がかかるものです。 御ネジの場合、オーバーピン方の場合は、2本もしくは3本の同一径のピンゲージを必要とします。 ピンゲージを使って、マイクロメーター等で測定し、測定結果 … Continue reading

Posted in 未分類, 測定全般 | ネジの有効長 はコメントを受け付けていません。

ATOSポイントシール

ATOSポイントシール ATOSポイントシールの貼る場所には気をつけないと後で痛い目にあいます 結構、後悔する貼る場所ですが測定対象物が立体の場合 (板状のものでない場合で板状の物でも裏表を測定する場合)は とても気にし … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSポイントシール はコメントを受け付けていません。