Monthly Archives: 9月 2016

PH10でのエラー復帰

PH10でのエラー復帰 PH10での姿勢制御のときにエラーがでて、プローブが 作動しないときがあった場合、 プローブの位置を動かさず、測定ソフトを終了し、 制御装置の電源を通常の手順で切ります。 少し時間を置いて(瞬電は … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | PH10でのエラー復帰 はコメントを受け付けていません。

Calyps測定終了位置内にメッセージを入れる

Calyps測定終了位置内にメッセージを入れる Calypsの測定終了位置コマンド内にメッセージを入れることができるので 測定継続をするときなのに便利です。

Posted in 三次元測定機 | Calyps測定終了位置内にメッセージを入れる はコメントを受け付けていません。

Calyps測定終了位置

Calyps測定終了位置 Calypsoで同一のものを何個も測る場合、段取りをするときに プローブが邪魔な場合があります。 その場合、プロジェクトメニューの終了位置でプローブ退避位置を指定しておくと 段取りがスムーズにい … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calyps測定終了位置 はコメントを受け付けていません。

Calyps命名規則

Calyps命名規則 Calypsoで測定コマンドに名前を付ける場合 測定結果名と同一名だと警告が出て名前を付けることができませんので 名前を付ける時は注意が必要です。  

Posted in 三次元測定機 | Calyps命名規則 はコメントを受け付けていません。

Calypsoメッセージ表示

Calypsoメッセージ表示 Calypsoにはメッセージ表示して次の動作を制御するコマンドがあります。 分岐してはいなら次の動作をし、いいえならそこで止まるようなことができます。 このコマンドは測定コマンドの前か、後に … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calypsoメッセージ表示 はコメントを受け付けていません。

Calypso再測定

Calypso再測定 Calypsoで回数回測定を行いたい時はプランの中の再測定で数を指定すれば 指定した回数分測定をしてくれます。 その時にプラン内に分岐を入れておかないとワークを変えるタイミングがきません。 速度を絞 … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calypso再測定 はコメントを受け付けていません。

ATOS現像液

ATOS現像液 ATOSで測定するとき、ハレーションを抑えるために現像液を使用します。 現像液は油性マーカなどは良いのですがペイント系のペンで書いた文字が消えてしまいます。 (粒状のものなので軽くはたいても削れてしまうよ … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS現像液 はコメントを受け付けていません。

Calypso手で拾えない要素

Calypso手で拾えない要素 Calypsoでプローブは当たれるが手で拾えない箇所などは CADデータがあればCADデータより断面を作成して、 要素を指定することが可能です。 あまり、少ない面だと測定の信頼度の兼ね合い … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calypso手で拾えない要素 はコメントを受け付けていません。

Calypso保存

Calypso保存 Calypsoでプロジェクトファイルを保存するタイミングですが 新規にプロジェクトファイルを作成した時にファイル名(保存)をした方が 後の手間(座標ファイルを変更など)が省けます。 また、保存にかかる … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calypso保存 はコメントを受け付けていません。

Calypso測定要素の整理

Calypso測定要素の整理 Calypso測定要素が多くなると管理をするのが大変になてきます。 私は測定要素をグループ化して整理しています。 グループ化することで測定要素の整理がしやすくなり、 対象測定要素を見やすくな … Continue reading

Posted in 三次元測定機 | Calypso測定要素の整理 はコメントを受け付けていません。