Category Archives: リバースエンジニアリング

le:osのパス

le:osのパス le:osのパスの作成を自動で作成した場合、 重なって作成されることがあります。 ループチェックとTコネクションを許可をチェックしている場合に 一見正常そうな、パスで緑色にならないバスは一度疑ってみては … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | le:osのパス はコメントを受け付けていません。

Li:os面の作成のコツ

Li:os面の作成のコツ Li:os面の作成で緑になかなかならないことがあります。 そんな時に、私がやっていることは「パスの制御点をずらしてみる。」です。 曲面部などでは曲率の関係でしょうか? パスの制御点を少しずらして … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | Li:os面の作成のコツ はコメントを受け付けていません。

接触式での倣い測定での利点

接触式での倣い測定での利点 接触式での倣い測定での利点としてはプローブを工夫することで 細い部分や自由曲面を測定することができます。 ある程度の、技術は入りますが、ATOSで測定するよりも 直感的に測定することができます … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング, 三次元測定機 | 接触式での倣い測定での利点 はコメントを受け付けていません。

ATOSでの測定で苦労する点

ATOSでの測定で苦労する点 ATOSでの測定で苦労する点について 立体物と立体物との間が取りにくいです。 ATOSは2つのカメラの差により立体視をしています。 (簡単に言うと) (トリプルスキャの場合は3つのカメラを使 … Continue reading

Posted in ATOS, リバースエンジニアリング | ATOSでの測定で苦労する点 はコメントを受け付けていません。

非接触測定機の普及前のポイント入力

非接触測定機の普及前のポイント入力 ATOSに代表される非接触測定機が今のように普及する前(ATOS自体は20年ぐらい前からあった)は 接触式の三次元測定機でスキャンプローブを使い、一段ずつ測定をしていた。 精度は確保さ … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | 非接触測定機の普及前のポイント入力 はコメントを受け付けていません。

リバースエンジニアリングとATOS

リバースエンジニアリングとATOS リバースエンジニアリングの入力装置としてATOSは強力な武器となります。 面で入力するのにとても便利です。 それと、非接触での入力装置として測定精度がうたわれているというのは大きな要素 … Continue reading

Posted in ATOS, リバースエンジニアリング | リバースエンジニアリングとATOS はコメントを受け付けていません。

リバースエンジニアリングでの入力装置

リバースエンジニアリングでの入力装置 リバースエンジニアリングでの入力装置には三次元測定機を使用します。 20年前から接触、非接触の三次元測定機は存在していましたが 20年前は接触式の装置の方が多かったように思います。 … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | リバースエンジニアリングでの入力装置 はコメントを受け付けていません。

リバースエンジニアリングについて

リバースエンジニアリングについて リバースエンジニアリングという言葉は、最近ではよく聞かれる言葉となりました。 リバースエンジニアリングとは、現状の物(形や動作)を再現する技術と私は、捉えています。 最近はあまりよく思わ … Continue reading

Posted in リバースエンジニアリング | リバースエンジニアリングについて はコメントを受け付けていません。