Category Archives: ATOS

ATOS現像液

ATOS現像液 ATOSで測定するとき、ハレーションを抑えるために現像液を使用します。 現像液は油性マーカなどは良いのですがペイント系のペンで書いた文字が消えてしまいます。 (粒状のものなので軽くはたいても削れてしまうよ … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS現像液 はコメントを受け付けていません。

ATOSinspectCADデータのギャップ修正

ATOSinspectCADデータのギャップ修正 ATOSinspectでCADデータをインポートすると ギャップ修正を行う指定をすることができる(デフォルトで指定されている)。 このギャプ修正でCADデータであまりよく … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSinspectCADデータのギャップ修正 はコメントを受け付けていません。

ATOSクオリティ

ATOSクオリティ ATOSの測定時にクオリティ欄に”!”がつくことがあります。 クオリティ欄に”!”が何かしらの測定品質にかかわることが アナウンスをされます。 暖気不足 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSクオリティ はコメントを受け付けていません。

ATOS保存のタイミング

ATOS保存のタイミング ATOSでは測定データの量が比較的多いので 測定回数を重ねていくと最後に保存しようとした時に 保存処理に結構な時間をとられることがあります。 時間に余裕があるときは良いのですが、 ない時にはイラ … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS保存のタイミング はコメントを受け付けていません。

ATOS測定時の環境

ATOS測定時の環境 ATOS測定時の環境について 弊社では蛍光灯の下で測定していましたが、 最近は蛍光灯を消して暗くして測定をしています。 暗いほうがハレーションを起こしにくいようですので そうしています。

Posted in ATOS | ATOS測定時の環境 はコメントを受け付けていません。

ATOS測定時平面で逆立ったような面が作られる

ATOS測定時平面で逆立ったような面が作られる ATOS測定時していて 測定時は良い面だったが STLに変換する時に平面が逆立ったような面が作られることがある。 このような現象のときはもう一度、その箇所を測ってみてくださ … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS測定時平面で逆立ったような面が作られる はコメントを受け付けていません。

ATOS測定クオリティ

ATOS測定クオリティ ATOSで測定シリーズの中に測定クオリティという項目があります。 これ、測定していくと時々”!”マークに変わります。 この”!”マークですが測定を何 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS測定クオリティ はコメントを受け付けていません。

ATOSInspect測定要素選択

ATOSInspect測定要素選択 ATOSInspectで測定要素をフィット選択する時に対象の部分をCTL+右クリックしますが CTL+右クリックで測定したい要素が出来ない時がありますが 出来ないときは領域で選択した後 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOSInspect測定要素選択 はコメントを受け付けていません。

ATOS_STL作成後の再測定

ATOS_STL作成後の再測定 ATOS_STL作成するとカメラからの画像を表示している ウインドウが消えて測定しようとしても受け付けない状態になります。 再度、測定したいときは 「メニュー」-「デジタイズ」-「センサ」 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS_STL作成後の再測定 はコメントを受け付けていません。

ATOS表裏の貼り付け

ATOS表裏の貼り付け 地球上にいる以上測定物を空間上に固定するものがなく、 浮かばせておくことができないので、 どこかが測定できない部分が出てきます。 測定できない部分は分けて測定するしかありません。 ATOSでは表裏 … Continue reading

Posted in ATOS | ATOS表裏の貼り付け はコメントを受け付けていません。